オーストラリアの都市

オーストラリアの都市について

オーストラリア連邦のブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバート、キャンベラ、ダーウィンなどの概要を簡単に紹介します。

ブリスベン

ブリスベン (Brisbane) は、クイーンズランド州の州都であり、同州の南東部に位置する。人口約177万人で、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市である。ブリスベンは、近代化が進む高層ビル郡の中にもコロニアル風な街並みを残し、全体的に落ち着いた雰囲気の都市である。ジョージ・ストリートとエドワード・ストリートに囲まれたクイーン・ストリートモール(歩行者天国)は最もにぎあう地域である。ブリスベン市街の北にバレー地域があり、オーストラリアで第三番目に大きいチャイナタウンがある。ブリスベンに滞在する観光客は、オーストラリア最大のコアラ飼育頭数役130頭を誇るローパイン・コアラサンクチュアリを訪れる。ブリスベンは人気の観光地のゴールドコーストとサンシャインコーストへのゲートウイ(出入り口)である。ゴールドコーストは、ブリスベンの南東約 70 kmに位置し、南太平洋の白波が打ち寄せる海岸に沿って高層のホテルやコンドミニアムがある。世界遺産のラミントン国立公園にも近く、ここでは海のマリンスポーツと山の大自然を満喫できる主要な観光地である。「ドリームワールド」「シーワールド」と「ムービーワールド」の3大テーマパークは見逃せない。サンシャインコーストは後背地の亜熱帯地域の砂浜に面したコミュニティーである。他の衛星都市としては、内陸部に位置する庭園都市のトゥーンバ、クイーンズランド鉄道の工場でよく知られるイプスイッチがある。「ブリスベン 地図 航空写真

シドニー

シドニー (Sydney) は、オーストラリア大陸南東部に位置し、ニューサウスウェールズ州の州都であり、人口はオーストラリアで最大の約400万人、シドニー湾に面する港湾都市である。地名は、1770年にジェームズ・クックがオーストラリア東岸を指して名づけた名称に由来する。1788年、オーストラリアで最初の流刑植民地として成立。シドニーはメルボルンとともに、オーストラリアの経済、交通、流通、文化の中心地である。国際的な観光都市でもあり、世界でもっとも美しい都市といわれる都市のひとつでもある。

シドニー湾をまたいで南北間を結ぶ大きな橋がハーバーブリッジ(Harbour Bridge)で、この南地域が、シドニー最大の観光地であり、絵葉書や観光写真集に必ず出てくるオペラハウス(Opera House)、サーキュラー・キー(Circular Quay)、ロックス(The Rocks)がある。シドニーの「ど真ん中」には、マーティンプレイス(Martin Place)、タウンホール(Town Hall)があり、マーティンプレイスは、東西にのびる石畳の歩行者天国になっており、中央郵便局(GPO)や銀行本店が立ち並ぶ商業の中心地である。サーキュラ・キーから30分程度でタロンガ動物園に行くことができる。イギリス人が開拓した街でもあり、ロックスには昔を思わせるような歴史的建物が多く残っている。シテイの中心地から東1 kmには、南半球最大の歓楽街と呼ばれるキングスクロス(Kings Cross)がある。シドニー周辺にはビーチが数多くあり、シドニー市内から車で45分以内ではボンダイビーチ、ブロンテビーチ、クージービーチ、タマラマビーチ、マルーブラビーチなどがある。シドニーには、オーストラリア全土からありとあらゆる食材が集まり、世界でも著名なシェフが料理する世界中のグルメを楽しむことができる。DCブランドは勿論、オーストラリア人がデザインするブテイックも数多い。

また、シドニーは、オーストラリア有数の観光スポットへのゲートウエイでもある。シドニー中心部から西へ100 km程の所には世界自然遺産に登録されたブルーマウンテンズ(Blue Mountains)。見所はジャミソン・バレーの谷底からそびえる3つの頂をもった奇岩(スリー・シスターズ)。シドニーからセントラルコーストをさらに北上して250 km。そこからはホリデーコーストと呼ばれ、ポートスティーブンスまでは車で約2時間半、半島一帯ではペリカンや野鳥が集まり、野生のイルカやクジラを見れる。シドニーの北西約160 kmにあるハンターバレー(Hunter Valley)は、オーストラリアを代表するワインの名産地である。点在するワイナリーは、家族経営のワイナリーを含めると70以上。ここではワインの試飲もできる。日帰り、或いは1泊2日でワイナリーツアーを満喫できる。「シドニー 地図 航空写真

メルボルン

メルボルン(Melbourne)は、オーストラリア大陸の南東に位置し、大陸では最南に位置するビクトリア州の州都である。ポート・フィリップ湾の北、ヤラ川河口に位置するメルボルンは、1830年代にタスマニア入植者による捕鯨船の寄港地としてその歴史が始まり、 1850年代のゴールドラッシュを経て、商業及び工業の都市に発展した。メルボルンの人口は、356万人(2003年)で、シドニーに次ぐオーストラリア第二の都市である。1902年にオーストラリア連邦が誕生すると、メルボルンはオーストラリア首都特別地域のキャンベラができるまでの25年間、オーストラリア連邦の首都であった。メルボルンの街並みには、碁盤の目になっており、ビクトリア様式の建物が並ぶ最も英国の雰囲気が残る都市である。メルボルンは、多くのオーストラリアの大企業や多国籍企業の本社や本店がある。オーストラリアの自動車工業の中心地であるほか、機械工業、食品加工業が盛んである。メルボルン市内は、路面電車のトラムが走り、この街には世界中から移民が集まる移民都市としても知られており、人口のうち約4分の1を占めるのは世界 170ヶ国から移住して来た移民である。中華街(リトル・バーク・ストリート)、グリーク街、イタリアン街(ライゴン・ストリート)やベトナム街(リッチモンド)など様々なレストラン街があり、中華料理、ギリシャ料理、イタリア料理、ベトナム料理、英国料理、フランス料理、そしてこれらをミックスした「新オーストラリア料理」などの料理まで楽しめる「食の都」でもある。メルボルン市内の中心地を無料で運航するシテイサークル・トラムは、10分おきに運航しており、一周に要する時間は約1時間である。レトロなトラムカー・レストランも運行されている。また、メルボルンは、「ガーデン・シティ」と呼ばれ、街の 4分の1を公園が占めており、その数は約450以上である。

メルボルンは、1956年に南半球で初めてのオリンピックが開催され、スポーツ行事に多くの観客が集る都市として知られる。1972年から毎年1月にテニスの全豪オープン大会が開催され、1996年からはF1オーストラリア・グランプリがサウスメルボルンのアルバートパーク内のサーキットで毎年開催される。「メルボルンカップ」は、1861年以来、毎年11月の第1火曜日の午後14:40にフレミントン競馬場でスタートする世界でも有名な競馬レースの一つである。「メルボルン・カップ」のレース(競馬)の時間帯は、国の機能が一時停止するとも言われるほどの国民的大イベントである。メルボルンは、オーストラリアン・フットボールの発祥の地である。現在、16チームが3月から8月にリーグ戦、9月に上位8チームによる決勝トーナメント戦を行なう。グランドファイナル(決勝戦)はメルボルン・クリケットグラウンドで行なわれ、最大観客数約10万人を収容できる。

メルボルン周辺には観光スポットも多く、グレートオーシャンロード(Great Ocean Road)、ヤラバレー(Yarra Valley)、バララット(Ballarat)、フィリップ島(Phillip Island)などが有名である。奇岩が続く絶景ルートのグレートオーシャンロードは、玄関口のトーキーからアポロベイ、ポートキャンベル、ウォーナンブールまでの214 kmである。奇岩には「12人の使徒」や「ロンドン・ブリッジ」などの名前が付けられている。ワインの里、ヤラバレーには30数ヶ所のワイナリ−が点在する。ゴールドラッシュの時代を体験できるバララット、ここのレッド・ヒル・ガリーでは、砂金掘りを体験できる。野生動物が集まるリゾートアイランドのフィリップ島ではペンギンパレードが有名である。コアラ保護区では野生のコアラ、シールロックスには5,000頭以上のアザラシが生息している。

メルボルン出身の有名なアーテストには、カイリー・ミノーグ、ホリー・ヴァランス、ナタリー・インブルーリア、パトリシア・ピッチニーニなどがいる。「メルボルン 地図 航空写真

ダーウイン

ダーウィン(Darwin)は、オーストラリア大陸北側「トップエンド」のチモール海に面した熱帯気候、ノーザンテリトリ(北部準州)北西部、東にフランシス湾(Frances Bay)、西にファニー湾(Funnie Bay)を臨む州都である。都市名のダーウィンは「進化論」の提唱者として知られるイギリスの自然科学者、チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin)に由来する。アジアへの玄関口として知られており、都市の人口は約11万人(2003年)であるが非常に多民族・多文化的である。オーストラリアの主要都市の中では最も多民族化している都市としても知られ、人口の約4分の1はアボリジニなどの先住民である。先住民アボリジニに対する土地所有権の返還に伴い、ウラニウム鉱山などの土地代や鉱産税がアボリジニに年間数十億円単位で支払われ、アボリジニ全体の生活向上に支出されている。

ダーウィンは、ノーザンテリトリ(北部準州)の観光スポットである「トップエンド」のカカドゥ国立公園、リッチフィールド国立公園、ニトミルク国立公園(キャサリン渓谷)や「レッドセンター」のマタランカプール・エルゼイ国立公園、ウエストマクドネル国立公園やオーストラリアのシンボルでもある世界最大級のウルル(エアーズロック)のあるウルル・カタジュタ国立公園への玄関口である。

第2次世界大戦中の1942年2月19日、日本軍242機による最初の空襲がイースト・ポイントとダーウィン・ハーバーに対して行われた。この空襲により、防波堤が破壊され、8隻の船が沈没、少なくとも243人が死亡した。 1942年2月から1943年11月までの間に合計63回の空襲があり、その犠牲者の多くはアデレイド・リヴァーに埋葬された。「ダーウイン 地図 航空写真

アデレード

アデレード (Adelaide) は、オーストラリアの南オーストラリア州の州都である。オーストラリア大陸南部の南オーストラリア州のフルリオ半島の北、南極海に通じているセント・ビンセント湾とマウント・ロフテイ丘陵地の間の平地に位置する都市である。人口は1,1,124,315 人(2004年時点)で、オーストラリア各州の州都の中では5番目の大きさである。市内はトレンズ川によって南北に分けられ、北側はノース・アデレードと呼ばれ、南側はシティーとなっている。アデレードは、緑あふれる公園に囲まれた英国風の端正な街であり、オーストラリアの文化と芸術の都として知られている。アデレードという地名は、19世紀のイギリス国王ウィリアム4世の王妃アデレードに由来する。ドイツ語では、「アデレード」という名前は「貴婦人」を意味する。

南オーストラリア州は、1836年12月28日に正式にイギリスの植民地となり、南オーストラリア州政府最初の測量局長官のウィリアム・ライト大佐は、アデレ−ドの都市計画に基づいて都市設計を行い、ヴィクトリア広場を中心に碁盤の目のように整然としている街を建設した。アデレードは、イギリスから新天地を求めてやって来た自由移民のために植民地の中心として建設されたこともあり、流刑者植民地の都市としての歴史を持つシドニーやホバートなどとは異なる。アデレードは、初期の頃から多くの国の移民を受け入れ、特にドイツ系の移民が宗教的な迫害から逃れて移住した。第二次世界大戦後は、イタリア人、ギリシア人、オランダ人、ポーランド人、そしてベトナム戦争後は、アジアからの移民が増え、アデレードの民族構成は多様化している。

アデレードは、「フェスティバルの街」として国内外で認知されており、偶数年の3月に開催される芸術祭「アデレード・フェスティバル」と奇数年に開催されるワイン祭り「ビンテージ・フェスティバル」が有名である。アデレードでは、年間を通じて様々なイベントが開催され、バロッサ音楽祭、アデレード芸術祭、アデレード映画祭、アデレード・フリンジ・フェスティバルなどがある。音楽・芸術・ダンスの世界祭のWomadelaide「WOMAD(World of Music Arts & Dance)とAdelaideの合成語」が年1回、植物公園で開催される。

アデレードは、「教会の街」としても知られる。これは現在よりも過去の状態を反映した言い方のようである。噂によると、アデレードに建設された全ての教会の近くにあまり信心深くない人達のためにパブも建てられたとのこと。

アデレ−ドには、700軒を超えるレストランがあり、1人あたりのレストラン数がオ−ストラリアの都市の中で最も多い。南オ−ストラリア州の近海で捕れた新鮮な魚介類を使った海鮮料理(シーフード)と牧場で育てた牛や羊は勿論のこと大自然を走るカンガル−、エミュ−、クロコダイル(ワニ)などの珍しい肉も安く味わえる。アデレードの近くにワインの名産地があり、自由移民による世界各国の料理とワインが楽しめる。アデレードはグルメ天国でもある。

アデレードを拠点とする観光名所が豊富にある。ワインの里として有名なバロッサ・バレーは、オーストラリア最大のワイン産地である。1842年、ドイツからこの地へ移住してきたドイツの移民によって開拓された歴史がある。丘陵地帯に延々とブドウ畑が続き、50を超えるワイナリーが点在する。アデレード・ヒルズは、アデレードからの日帰り観光地として人気がある。 ハーンドルフは、アデレードヒルズで最も人気のある観光地である。1830年代、宗教の自由を求めてやってきたドイツ系移民によって建設された町である。メイン・ストリートにはドイツ風の街並みを利用した土産物店、カフェ、レストラン、ホテルが並ぶ。点在する町や渓谷、湖や果樹園といった変化に富んだ景観を楽しめる。ハーンドルフとはドイツ語で「ハーンの町」という意味。カンガルー島は、オーストラリアで第3番目に大きな島で野生動物の宝庫として有名であり、島の3分の1は自然保護区になっている。野生のコアラ、野生のアシカなどが生息する。また、クーバー・ピディは、世界的に有名なオパールの産地であり、地下の住居やホテルがあることでも有名。

アデレードのケズウィック駅は、アリス・スプリングスまでの長距離列車「ザ・ガン」とパースまでの「インディアン・パシフィック」の発着場所でもある。「アデレード 地図 航空写真

パース

パース(Perth)は、オーストラリア大陸の約3分の1を占める西オーストラリア州の海岸南西部に位置し、インド洋に流れるスワン川沿いにある州都である。パースの人口は、1,457,639 人(2004年)で西オーストラリア州では最大であり、オーストラリアでは第4番目に大きい都市である。パースには、緑いっぱいの公園が多くあり、建物も歴史的建造物とモダンなビルが絶妙にマッチしているので「世界で一番美しい都市」、また、物価も安く治安も良いので「世界一暮らしやすい都市」と呼ばれるが、地理的にオーストラリの他の都市から遠いため「世界で1番孤立した都市」としても知られる。パース周辺のビーチは、抜けるような青い空、海の色がエメラルドグリーン、真っ白な砂浜、そしてインド洋に沈む夕日は、オーストラリア東海岸より印象深く感動的である。

パースは、1829年、イギリスの自由移民が入植した「スワン川植民地」の首都として建設された。パースという地名は、入植地の長官であるジョージ・マレー卿の出身地であるパースシェアにちなんでジェームズ・スターリングによって命名された。1850年、安価な労働力を手に入れたい農家や実業家の要求によって、パースを含む西オーストラリア州はイギリスの流刑植民地となった。

パースは、マレー・ストリートとヘイ・ストリートのショッピングモールを中心とし、高層のオフィスビルが立ち並び、市内の西側には高台からパース市内とスワン川を一望に見下ろすことができる広大なキングスパークがあり、パース駅の北側には州立の美術館、博物館のエリア、様々な国の料理を楽しめるレストラン街のノースブリッジがある。キングスパークでは、春(9月〜10月)にワイルドフラワー・フェスティバルが開催され、週末にはオージー家族がバーベキューに訪れる人気のスポットである。約400ヘクタールの公園内はワイルドフラワーの宝庫であり、野生動物の保護地区でもある。パース市内から徒歩で行けるスワン川では、黒鳥(ブラック・スワン)が戯れ、クルーズ船も出ており、観光の目玉になっている。サーフィンを楽しめるビーチやダイビングスポットもパース近郊にある。

パースを起点とする観光地が数多くある。パースの19 km南西、スワン川がインド洋に注ぐ河口に位置するフリーマントルは美しい港町である。日本の南極観測船が毎年暮れに寄港する。フリーマントルの沖合い、約19 kmにロットネスト島があり、クオッカ(ワラビーの一種)などのオーストラリアの野生動物が生息する。約250 km北にあるナンバン公園内に見られる奇景がピナクルズ。そこは、黄砂の中に化石の奇岩が林立する。350 km南東には、高さ15 mの巨大な波が一瞬にして凍りついたような花崗岩のウエーブ・ロックがある。約420 km南南東のワルポール・ノーナラップ国立公園には、地上40m、全長600 mを散策できるツリートップ・ウオークがある。約580q北には渓谷の景色が美しいカルバリ国立公園。約850qには、約35億年前の先カンブリア代から「ストロマトライト」が生息すろことで世界遺産に指定されたシャークベイがある。モンキーマイアでは、野生のイルカに餌をやったり、触ったりすることができる。約1,270q北には、ジンベイ鮫とダイビングスポットで有名なエクスマスがあり、内陸部にはカリジニ国立公園がある。

パースの22 km北のスワンバレーと約280 km南のマーガレット・リバーは、良質なワインの産地である。「パース 地図 航空写真

ホバート

ホバート(Hobart)は、タスマニア州南東のダーウェント川の河口に位置し、ダーウェント川西岸のサリバン湾に面するタスマニア州の州都である。ホバートは、ダーウェント川の川岸からウェリントン山(標高1,270 m)の丘陵まで広がっている。グレーター・ホバート地域の人口は、245,000人 (2005年国勢調査)、ホバート市ローカル政府地域の人口は47,319人 (2001年国勢調査) である。ホバートは、オーストラリアではシドニーに次いで第2番目に古い都市であり、第12番目に大きい都市である。

1641年にオランダ人探検家のアベル・タスマンがタスマニア島を発見したがオランダはこの島に興味を持たなかった。イギリスは、フランスがタスマニアを植民地にすることを危惧し、1803年にダーウェント川東岸のリズドン湾に流刑因入植地を建設し、翌年の1804年にこの流刑地をサリバン湾に移転し、タスマニアを流刑植民地にした。シドニーを流刑植民地にした16年後である。ホバートのバッテリー・ポイント周辺には当時の雰囲気を偲ばせるビクトリア朝の建物が並んでおり、捕鯨が盛んであったのでサラマンカ・プレイス波止場には当時の石造りの倉庫が多く残っている。

ホバートの観光スポットは、オーストラリア最古のロイヤル劇場、タスマニアが監獄島であったことを知ることができる囚人礼拝堂・判事裁判所、タスマニア博物館・美術館、王立植物園などがあり、ショッピングや食事などには、捕鯨全盛時代の倉庫を改造したサマランカ・プレイスが人気のスポットである。レスト・ポイント・フェデラルホテルには、1973年にオーストラリアで初めて認可されたカジノがある。

ホバート近郊の観光地としては、1825年に建設された流刑因監獄地の一部がまだ残っているポート・アーサーがあり、当時は、イギリスからの流刑因が植民地で更に犯罪を犯すと収監された「監獄の中の監獄」であった。流刑因が1823年頃に建設した石造りの橋のリッチモンド・ブリッジはオーストラリアで最も古い。他にりんごの産地として有名なヒュ−オン・バレー、タスマニアで最古の国立公園マウント・フィールド国立公園、タスマニアン・デビル公園などがある。

世界でも有名なシドニー・ホバート・ヨットレースは、クリスマスの翌日にシドニーを出航し、レースに参加したヨットは大晦日頃にホバートに到着する。

ホバート出身のメリー・エリザベス・ドナルドソンは、2000年のシドニーオリンピックが開催中、フラットメイト4人でヨーロッパからのオリンピック参加者とシドニーのパブ(Slip Inn)で合コン、合コン相手の一人がデンマークのフレデリック皇太子とは知らないまま会ったが、2003年10月に婚約、2004年5年にコペーハーゲンのコペーハーゲン教会で結婚し、皇太子妃になった。「ホバート 地図 航空写真

キャンベラ

キャンベラ (Canberra) は、オーストラリア首都特別地域(Australian Capital Territory、ACT)の北部にあり、シドニーから約300 km南西、メルボルンから約650 km北東に位置するオーストラリア連邦の首都である。キャンベラは、各々が強力な自治権を有する6州と2特別地域で構成されるオーストラリア連邦を統括する国家行政の中心地である。キャンベラの人口は323,004人(2003年)で、オーストラリア第8位の都市であり、オーストラリア大陸の内陸部都市としては最大である。首都名の「キャンベラ」は、地元の先住民アボリジニ語に由来し、「Meeting Place、出会いの場」を意味する。

オーストラリアは、1901年1月1日にオーストラリア憲法が発布され、イギリスから独立し、現在の6州から成るオーストラリア連邦が誕生した。オーストラリア連邦の成立とともに首都を設置することになり、候補地の中でシドニーとメルボルンが首都争いで激しく対立したため、その打開案としてメルボルンとシドニーとの間に直線を引いたほぼ中間地点の土地を1908年に首都と決定した。 この土地は、1913年にキャンベラと命名された。1927年に臨時首都メルボルンからキャンベラに遷都され、1929年に初めて国会が開かれ、キャンベラは名実共にオーストラリア連邦の首都になった。

1911年に首都の設計・建築が国際公募され、1912年に最終3候補者の中から米国シカゴの建築家ウォルター・バーリー・グリフィン(Walter Burley Griffin)の設計が採択された。サークルを中心に同心円状道路と放射状道路によって街が設計されたキャンベラの建設は、1913年に開始され、1960年に概ねその人工・設計都市を完成した。キャンベラの街は、建築家ウォルター・バーリー・グリフィンの名をつけた人工湖のバーリー・グリフィン湖を中心に建築され、国会議事堂を頂点とした三角形の内側に形成されていて、北の「シティ・ヒル(City Hill)」、南の「キャピタル・ヒル(City Hill)」に分かれる。シティ・ヒルは、商店・住宅・スポーツなどがある市民生活の場であり、キャピタル・ヒルは、国会議事堂を中心に各国の大使館等公共施設がある行政地域である。

バーリー・グリフィン湖の湖畔の近くに国会議事堂、国立図書館、最高裁判所、国立図書館、最高裁判所、国立美術館、そして壮大なオーストラリア戦争記念館など、オーストラリアでも最も重要な建築物が数多く立ち並んでいる。これらの公共施設と宇宙衛星追跡基地、天体観測所、自然保護区などがキャンベラの名所である。オーストラリア戦争記念館では、第1、第2次世界大戦に関する展示物が多くあり、日本との関わり合いを学べる。また、オーストラリア戦争記念館の裏にあるマウントエインズリーからはキャンベラ市内を一望する事ができる。「キャンベラ 地図 航空写真

ケアンズ

ケアンズ(Cairns)はオーストラリア大陸北東部、クィーンズランド州のブリスベンの北約1,720 kmに位置し、ヨーク岬半島の付け根付近のトリニティー湾から珊瑚海に面し、クィーンズランド州最北部の中心都市である。ケアンズは、日本からは一番近い北の玄関口。2,000 kmに及ぶ世界最大の珊瑚礁のグレートバリアリーフ海洋国立公園とキュランダ、ケープトリビュレーション、デイントゥリー、アサートン高原などを含む熱帯雨林のクイーンズランド湿潤熱帯地域(ウエットトロピックス)は世界自然遺産に指定されている。パームコーブやポートダグラスはケアンズの北に位置する。ケアンズ拠点としてハミルトン島、ヘイマン島、グリーン島やフィッツロイ島へ日帰りでクルージング、島の散策もできるが一泊すると美しいサンゴ礁の海を満喫できる。グリーン島は、ケアンズ港から一番近いグレートバリアリーフのリゾートアイランドである。「ケアンズ 地図 航空写真

アリススプリングス

アリススプリングス(Alice Springs)は、ノーザンテリトリー(北部準州)中南部、州都ダーウィンの南1,491kmに位置する地方行政都市である。単にアリス「The Alice」とも呼ばれる。人口は、28,178人(2001年国勢調査による)で、北部準州では州都のダーウィンについで第2番目に大きい。古くからこの地に居住するアボリジニのアレント(Arrente)族はこの地をムバーントゥワ(Mparntwe)と呼んでいる。アリススプリングスは、ウルル「エアーズロック」やカタジュタ「オルガ岩郡」、キングスキャニオンへの観光拠点となっている。1962年にはパインギャップ(Pine Gap)に、アメリカとの共同による防衛と宇宙研究のための施設が建てられた。町に永住しているアボリジニの人口は多く、彼らのための寄宿大学もある。しかし、アボリジニと非アボリジニの人種的な緊張は高い状態にある。「アリススプリングス 地図 航空写真

ニューカッスル

ニューカッスル(Newcastle)は、ハンター川の河口に位置するニューサウスウェールズ州の第2の都市である。ニューカッスル港は、近郊で採掘される石炭の積み出し港で大型の石炭輸送船が沖合いに停泊する。工業都市であるがワインの産地ハンターバレーやポートスティーブンスへの旅行の起点である。「ニューカッスル 地図 航空写真

ウロンゴン

ウロンゴン(Wollongong)は、シドニー、ニューキャッスルに次ぐ、ニューサウスウェールズ州第三の都市です。以前は石炭の採掘と製鉄業の町として繁栄していたが今はイラワラ・レジャーコースト沿えのレジャー・リゾート産業とウロンゴン大学の町として有名である。ウロンゴンという地名は、先住民アボリジニの言葉で「Wal Lun Yuh」「砂に打ち寄せる波の音」に由来する。「ウロンゴン 地図 航空写真

■ サイトマップ オーストラリア

サイトマップは、次の通りです。

オーストラリア

オーストラリアについて
オーストラリアの基本情報
オーストラリアの旅行について
オーストラリアの観光地について
オーストラリア 首都
オーストラリアの都市について

州と特別地域地域

クイーンズランド州 - QLD
ニューサウスウェールズ州 - NSW
オーストラリア首都特別地域 - ACT
ビクトリア州 - VIC
タスマニア州 - TAS
北部準州 - ノーザンテリトリー、NT
南オーストラリア州 - SA
西オーストラリア州 - WA
その他特別地域 - Territories

主要な都市と観光地

ケアンズ
グレートバリアリーフ
サンシャインコースト
ブリスベン
ゴールドコースト
シドニー
キャンベラ
メルボルン
ホバート
ダーウイン
エアーズロック(ウルル)
オルガ渓谷・カタジュ
アデレ−ド
パース
■ ・・・主要な都市と観光地の続きは、サイトマップを参照。

カテゴリ

ホテル・観光・交通
グルメ・飲食・食品
ショッピング
スポーツ・レジャー
ナイトライフ
ギャンブル
趣味
アート・音楽
自転車・バイク・自動車
医療・健康・介護
テレビ・映画・演劇
出版・雑誌・新聞
生活・暮らし・移住
不動産・賃貸住宅
教育・学校・留学
学問・研究
金融・保険・投資
政治・経済・法律
製造業・流通・環境
生産業
ビジネス支援
インターネット
女性向情報
求人・求職
日豪企業
連邦政府・州政府・各種団体
ライブ・カメラ
個人HP

トピックス

オーストラリア 地図
オーストラリア ビザ
オーストラリア 旅行
オーストラリア 留学
オーストラリア ワーキングホリデー
オーストラリア ドル
オーストラリア 時差
オーストラリア 天気・気候
オーストラリア 紫外線
オーストラリア 土産
オーストラリア 物品・サービス税(GST、消費税)
オーストラリア 物価
オーストラリア 持ち物チェックリスト
オーストラリア 衣食住
オーストラリア 服装
オーストラリア 食べ物
オーストラリア ミート・パイ
オーストラリア ベジマイト
オーストラリア ワイン
オーストラリア ビール
オーストラリア 禁煙
オーストラリア マナー
オーストラリア サーフィン
オーストラリア ダイビング
オーストラリア 歴史
オーストラリア 先住民
オーストラリア オージー
オーストラリア 語源と意味
オーストラリア 英語
オーストラリア コマーシャル(CM)
オーストラリア 動画
オーストラリア 地図 航空写真
在日オーストラリア大使館 地図
在オーストラリア日本国大使館 地図
オーストラリア 空港
オーストラリア 島
オーストラリア 世界遺産
オーストラリア 資源開発
■ ・・・トピックスの続きは、サイトマップを参照。

オーストラリアの書籍

オーストラリアの書籍

オーストラリア」は、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、ノーザンテリトリー、南オーストラリア州と西オーストラリア州を対象とする総合情報デレクトリ型検索エンジンです。ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバート、キャンベラ、ダーウィンなどオーストラリアの都市、また、ケアンズ、グレートバリアリーフ、サンシャインコースト、ブリスベン、ゴールドコースト、エアーズロックなどオーストラリアの観光地のホテル、旅行、観光、交通、地図、グルメ、不動産、求人、留学、ワーキングホリデー、ショッピングとナイトライフなどの情報を検索できます。

オーストラリア関連のウエブサイトの登録申請は、新規登録からできます。自薦・他薦を歓迎します。相互リンクを頂ければ嬉しいです。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・複製等は固く禁止されています。
Copyright(C) 2005 Searchworldwide, Inc. All rights reserved.

オーストラリア
[詳細検索]