オーストラリア 天気予報・気候情報

オーストラリア 天気予報・気候」は、オーストラリアの現在の気候、天気予報と紫外線による日焼けについての情報です。

■ オーストラリア 天気予報

オーストラリアの各都市の天気予報の詳細は、都市名の表示をクリックすると日本語で今日の天気予報、今後5日間並びに1週間の天気予報を閲覧できます。

Click for Forecast Click for Forecast Click for Cairns, Queensland Forecast
Click for Forecast Click for Forecast Click for Gold Coast Seaway, Queensland Forecast
Click for Forecast Click for Forecast Click for Forecast Click for Forecast

上記以外のオーストラリアの都市と地域の天気予報については、「Regional Map : Weather Undergroundーオーストラリア」をご覧下さい。検索ボックスにオーストラリアの都市名や地域名を英語で入力すると天気予報が表示されます。「オーストラリア 天気」には、オーストラリアの天気に関連するウエブサイト(和文、英文)をリンクしてあります。

■ オーストラリア 気候情報

南半球に位置するオーストラリアの気候は、北半球に位置する日本の気候とは正反対であり、日本の国土面積の約21倍の広大なオーストラリア大陸の気候は地域や都市で大きく異なる。オーストラリア大陸の気候は、北部沿岸の熱帯雨林気候地域から中部沿岸の亜熱帯性気候と南部沿岸の温帯性気候地域があり、大陸内陸部には砂漠性気候地域がある。熱帯雨林気候地域と亜熱帯性気候の北部沿岸では、雨季(12月〜3月)と乾季(4月〜11月)の季節があり、温帯性気候地域では、 春(9月〜11月)、夏(12月〜2月)、秋(3月〜5月)と冬(6月〜8月)の四季がある。オーストラリア大陸の気温は、北部が高く南部が低い。

ダーウィン、ケアンズなどの都市は、熱帯雨林性気候地域に位置し、年中常夏であり、雨季は降水量も多く暑いが乾季は暑さも和らぎ過ごしやすい気候である。

ブリスベン、ゴールドコーストなどの都市は、亜熱帯性気候地域に位置し、1年を通じ気候が温暖であり、晴天の日が多い。

シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバートなどの都市は、温帯性気候地域に位置し、四季があり、気候も比較的穏やかである。オーストラリア大陸の南東部とタスマニアが最も寒い地域である。

エアーズ・ロック、アリス・スプリングスなどの内陸の観光地と都市は、砂漠性気候地域に位置し、昼と夜の温度差が大きく、降水量が少ないため年中乾燥している。

■ オーストラリア 日焼け情報

オーストラリア大陸は、年間を通して晴天の日が多く、太陽光線の紫外線が強いので、つばの広い帽子、サングラス、日焼け止めクリーム(サンスクリーン剤)を携帯することをお奨めする。オーストラリア大陸上空では、紫外線を吸収する大気圏のオゾン層が薄くなったり一部に穴があり、日焼けにより皮膚に色素異常症(しみ)のようなメラノーマ(黒色腫)ができる可能性が高い。日焼けには、UV-B(中波長紫外線)によるサンバーン(赤くなる、水ぶくれ、皮膚がむけるなど)とUV-A(長波長紫外線)によるサンタン(黒くなる、しわとしみの原因など)の2種類あり、日焼けを繰り返すと、しわ、色素異常症(しみ)、皮膚癌などの慢性の皮膚障害が生じる。悪性のメラノーマは、皮膚癌に進展し、オーストラリアでは毎年約400名が死亡し、増加する傾向にある。オーストラリアの日焼けによる皮膚癌の発生率は世界一であり、ヨーロッパから移住してきた人達に皮膚癌発生のリスクが高い。オーストラリアで日焼けにより皮膚にできた”しみ”が乾いていなく湿ぽい症状なら医者の診断を早く受けることが肝要である。

強い紫外線は、薄い衣類を通過するので紫外線から皮膚を守るため衣類の下にも日焼け止めクリームを塗ることが必要になることもある。太陽光線の強い所や日陰でも紫外線が反射する所では、日焼け止めクリームを少なくとも約2時間毎に塗りましょう。

オーストラリアのガン防止協会は、1980年代から全国的な皮膚癌予防キャンペーンとして、スリップ(長袖の上着を着て)、スロップ(日焼け止めクリームを塗り)、スラップ(つばの広い帽子をかぶる)の標語を使用しており、現在では、ラップ(サングラスをかけて)が追加されて有害紫外線対策と教育を徹底している。尚、英語のスローガン(標語)は、Slip、Slop、Slap and Wrapである。

オーストラリアでは、紫外線が年間ベースとして11月から2月の夏の季節に1番強く、紫外線のレベルは、午前10時から午後3時にピークに達し、この5時間で1日の紫外線の約60%を浴びることになる。

衣類の生地は、綿(コットン)が紫外線を遮断するのでお奨めする。帽子は、つばの広さが8から10 cmのものをかぶり、日焼け止めクリームを顔や首に塗ること。日焼け止めクリームのSPF(Sun Protection Factor)は、最低でもSPF15、できればSPF30のものを使用する。幼児や子供用にはSPF30+がある。サングラスと帽子の両方により目に届く紫外線を98%カットする。

オーストラリア気象庁は、紫外線指数予報をだしており、指数の3未満は適度、3以上は高い、6以上は非常に高い、10以上は極度に高いと4つに分類している。

オーストラリアの「サンスマートプログラム」については、Sun SmartSun Senseが参考になる。

日焼けした後のアフターケアとしては、男女ともに日焼け直後に皮膚が乾燥した状態になっているので、アロエやビタミン Eなどを含む化粧水や乳液などの低刺激性の基礎化粧品を繰り返して塗り、皮膚に対する水分補給と保湿を行うことが肝心である。美容液などで10分くらい湿布することも効果的である。さらに日焼けトリートメント(保湿クリーム)をに塗ることをお奨めする。寝る前には、必ずもう一度皮膚に対する水分の補給と保湿を行うことを忘れないことです。

「オーストラリア」の管理人の体験談から一言。日焼け止めクリームを買うときは、日焼けトリートメント(保湿クリーム)とペアとする。保湿液もあればベター。日焼けしたときは、冷たいシャワーを繰り返して浴び、皮膚を冷やすとともに水分(ビールでも構わない)の補給を十二分に行なう。その都度、保湿クリームを塗ることで症状が軽減され、日焼け後の皮膚も剥げないし、健康的に黒くなる。

管理人がアフターケアとして家庭にある物で試したことがある。キュウリ、アボカド、トマト、ヨーグルト、ラベンダーオイルなどであるが、効果の方は別として、オーストラリアの職場やパブで友人とビールを飲む時の話題の一つとして多いに活用できた。「冷たいシャワーを浴び、冷たいキュウリを薄くスライスし、日焼けした部分に3層に貼り、パックを何回張り替えて、何時間横になり.........」「その間、トイレにも行けなかったとか」と落ちをつけることでその場が盛り上がること間違いなし。

紫外線には、適度な日光浴により人の体内でビタミンDを合成する効果などもあるが、過度に浴びることにより皮膚の老化の進行、目の白内障、免疫機能低下による口唇ヘルペスなどを引き起こす危険性がかなり高いと医師や専門家が指摘している。また、世界保健機関(WHO)は、紫外線を過度に浴びたことが原因で、世界で年間約6万人が死亡しているとする報告書を発表している。オーストラリアでの滞在期間が短くても屋外、特にビーチやアウトバックでの紫外線の浴びすぎには、注意しよう。紫外線の中のUV-Aは、UV-Bの10倍ほど多く含まれ、曇りの日でも地上に届くので日焼けする。

註、オゾン層の破壊は、世界で使用するフロン・ガス等などが原因である。日本上空のオゾン層も年々薄くなっている。紫外線は、波長によりUV-A(320-400nm、長波長紫外線)、UV-B(280-320nm、中波長紫外線)、UV-C(190−280nm、短波長紫外線)の3種類に分類される。紫外線を浴びる量は、紫外線強度、紫外線量、服装や日陰、太陽の向きなどの状況により大きく変わる。UV-AとUV-Bは、日陰でも散乱光として反射する。UV-Aは、UV-Bの10倍ほど多く紫外線の中に含まれ、曇りの日でも地上に届く。UV-Aは、長波長のUV-A-1(340-400nm)と短波長のUV-A-2(320-340nm)に分けられ、UV-A-1は真皮の奥まで届き弾力繊維にダメージを与え、しわ・たるみの原因になり、UV-A-2は真皮まで届きしみ・くすみの原因になる。UV-AとUV-Bの違いについては、UVA、UVBって何なんですか?が参考になる。

SPF(Sun Protection Factor)は、メラニン色素を作る紫外線のUV-Bの防止効果を数字で示す。紫外線によって人の肌が赤くなり始めるのは約20分である。 SPFの数値は、その時間を何倍遅らせるかを示す。SPF10の場合、20分x10で200分であり、3時間半近く効果があることを意味する。

PA(Protection Grade of UV-A)は、肌を黒くし老化の原因になる紫外線のUV-Aの防止効果を「+」の記号で示す。3段階に分かれており、「+」が増えるほどPA防止効果がある。


オーストラリア

オーストラリアについて
オーストラリアの基本情報
オーストラリアの旅行について
オーストラリアの観光地について
オーストラリア 首都
オーストラリアの都市について

州と特別地域地域

クイーンズランド州 - QLD
ニューサウスウェールズ州 - NSW
オーストラリア首都特別地域 - ACT
ビクトリア州 - VIC
タスマニア州 - TAS
北部準州 - ノーザンテリトリー、NT
南オーストラリア州 - SA
西オーストラリア州 - WA
その他特別地域 - Territories

主要な都市と観光地

ケアンズ
グレートバリアリーフ
サンシャインコースト
ブリスベン
ゴールドコースト
シドニー
キャンベラ
メルボルン
ホバート
ダーウイン
エアーズロック(ウルル)
オルガ渓谷・カタジュ
アデレ−ド
パース
■ ・・・主要な都市と観光地の続きは、サイトマップを参照。

カテゴリ

ホテル・観光・交通
グルメ・飲食・食品
ショッピング
スポーツ・レジャー
ナイトライフ
ギャンブル
趣味
アート・音楽
自転車・バイク・自動車
医療・健康・介護
テレビ・映画・演劇
出版・雑誌・新聞
生活・暮らし・移住
不動産・賃貸住宅
教育・学校・留学
学問・研究
金融・保険・投資
政治・経済・法律
製造業・流通・環境
生産業
ビジネス支援
インターネット
女性向情報
求人・求職
日豪企業
連邦政府・州政府・各種団体
ライブ・カメラ
個人HP

トピックス

オーストラリア 地図
オーストラリア ビザ
オーストラリア 旅行
オーストラリア 留学
オーストラリア ワーキングホリデー
オーストラリア ドル
オーストラリア 時差
オーストラリア 天気・気候
オーストラリア 紫外線
オーストラリア 土産
オーストラリア 物品・サービス税(GST、消費税)
オーストラリア 物価
オーストラリア 持ち物チェックリスト
オーストラリア 衣食住
オーストラリア 服装
オーストラリア 食べ物
オーストラリア ミート・パイ
オーストラリア ベジマイト
オーストラリア ワイン
オーストラリア ビール
オーストラリア 禁煙
オーストラリア マナー
オーストラリア サーフィン
オーストラリア ダイビング
オーストラリア 歴史
オーストラリア 先住民
オーストラリア オージー
オーストラリア 語源と意味
オーストラリア 英語
オーストラリア コマーシャル(CM)
オーストラリア 動画
オーストラリア 地図 航空写真
在日オーストラリア大使館 地図
在オーストラリア日本国大使館 地図
オーストラリア 空港
オーストラリア 島
オーストラリア 世界遺産
オーストラリア 資源開発
■ ・・・トピックスの続きは、サイトマップを参照。

オーストラリアの書籍

オーストラリアの書籍

オーストラリア」は、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、ノーザンテリトリー、南オーストラリア州と西オーストラリア州を対象とする総合情報デレクトリ型検索エンジンです。ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバート、キャンベラ、ダーウィンなどオーストラリアの都市、また、ケアンズ、グレートバリアリーフ、サンシャインコースト、ブリスベン、ゴールドコースト、エアーズロックなどオーストラリアの観光地のホテル、旅行、観光、交通、地図、グルメ、不動産、求人、留学、ワーキングホリデー、ショッピングとナイトライフなどの情報を検索できます。

オーストラリア関連のウエブサイトの登録申請は、新規登録からできます。自薦・他薦を歓迎します。相互リンクを頂ければ嬉しいです。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・複製等は固く禁止されています。
Copyright(C) 2005 Searchworldwide, Inc. All rights reserved.

オーストラリア
[詳細検索]