オーストラリア ミートパイ

■ ミートパイについて

一般的な殆どのオージー「Aussie、オーストラリア人」は、オーストラリアを象徴する代表的なものとして「フッテイ(Footy、Australian Football)、日本では、オージー・ボールと呼ばれる。」、「ミートパイ(Meat Pie、俗称、Dog's Eye、オージーパイ)」、「ルー(Roo、Kangaroo)」と「ホールデン・カー(Holden Car)」を挙げる。海外から移住して新オージーになった人達のノージー「New Aussieを合成した造語のNaussie」の多くは、これを正しく理解するのにかなり時間を要するようである。

ハンバーグがアメリカ、フィッシュアンドチップス「Fish and chipps、魚とジャガイモのフライ」がイギリスの食べ物を代表する一つであるように「ミートパイ」は、オーストラリアの食べ物を代表する庶民的なタッカ−「(Tucker、食べ物)」の一つである。昼食やお腹が空いたときにスナックとして食べるがパーテーやパブでも極めて評判が良い食べ物である。オーストラリアでは、年間約2億5千万個のミートパイが市販されており、1人当たり12個食べるという統計がある。一般家庭で作るミートパイを含めるとその消費量は、年間5億個以上と推定されている。

フッテイのグランドファイナル「Grand Final、決勝戦」は、メルボルンクリケットグラウンドで開催されるが、約12万人の観衆が9万個のミートパイを食べたという記録もある。フッテイとミートパイは、オーストラリアを象徴するものの双璧である。 ミートパイは、このようにスポーツを観戦するときとか人が集まる行事の会場でも人気がある。また、テレビでスポーツ番組を見るときもミートパイとビールは、オージーの必需品になっている。

右手でミートパイを持ちながら食べ、左手でビールをスタビー「Stubby、ビールの小瓶」から飲むことがオージーの伝統的な男のマナーである。このミートパイの食べ方を2銃の拳銃「Two Guns」方式と呼ぶ。

レストランやカフェでミートパイを注文したとき、ミートパイを手で持って食べてもマナー違反とならない。ただ、ミートパイを食べるときは、手に持っているミートパイが予期せぬときに崩れ落ち、トマトソースや肉汁で着ている衣服がベトベトになることもあるので注意して食べよう。

オージーにとってトマトソースをかけないでミートパイを食べることは、日本人がお刺身を醤油とワサビなしで食べることと同じであり、トマトソースはミートパイを食べるとき絶対に欠かせないものである。日本人が小腹が空いたときにコンビニでお握りを買って食べるのと同じようにオージーは何時でも何処でもミートパイを買って食べる。

オーストラリアのミートパイ

ミートパイとポテトチップス(meatpie and potato chipps)
(c) 撮影者:管理人


オーストラリアのミートパイ

ミートパイ

南オーストラリアでは、トマトソースかけたミートパイを濃いグリーンピースのスープに入れて食べる。このミートパイの食べ方は、パイフローター(Pie floater)として知られ、同州を象徴す食べ物の一つである。クイーンズランド州では、トマトソースの代わりグリーンピースのソースをミートパイにかけて食べる慣習も残っている。グリーンピース入りのミートパイは、女性に人気がある。

パイフローター

パイフローター
写真:Pie floater

ミートパイは、オーストラリアのファーストフードを代表する食べ物の一つでもあるが、近年のアメリカのファーストフードチェーン店の進出やオージーの食生活の健康志向により苦戦している。何処の街角にあったミートパイを売るパイショップの数も少なくなり、特に店の奥で準備した手作りのミートパイを売るパイショップは非常に希になっていることは残念である。

ミートパイの歴史

元祖ミートパイについては、世界の各国がそれぞれ元祖であると主張しおり定かではないが、その歴史は古代ギリシャ時代まで遡ることは間違いがないようである。この時代にアートクリース「Artocreas」と呼ばれる料理があり、練り小麦粉の生地の上に料理した肉をスプーンで載せて食べたとされる。その後、古代ローマ時代に改良され、具を入れる外皮と蓋が付けられ、現在のミートパイのような形になったとか。いずれにせよ、この頃は、小麦粉の生地を焼いた具を入れる容器として使われたようである。

フランスでは、14世紀にイールパイ「鰻パイ(Eel Pie)」のレスピを出版しており、フランス人はミートパイの元祖と信じている。

中世期のイギリスでは、ミートパイはイギリス料理の一つになっており、当時はコーファー「Coffers」と呼ばれていた。また、宗教上の理由で金曜日にフィッシュパイ「Fish Pie」も作られた。ステーキアンドキドニーパイ「Steak and Kidney Pie」も考案している。特に有名なコンウォール地方のコーニッシュパイ「Cornish Pie」の元祖は、ミートとジャムが半分づづ分けて入っており、この地方で錫を採掘する鉱夫が主食とデザートとして坑内で食べれた優れものであった。「オーストラリアの管理人もコンウォール地方を旅行した折、田舎のパブでカウンターランチとして現在のコーニッシュパイ(ジャムなし)を食べたが素朴な塩味で非常に美味しかった。お奨めの逸品である。」 コーニッシュパイ「Cornish Pie」の正式名は、コーニッシュパスティー「Cornish Pasty」であり、パスティーはパイの一種であり、具は挽き肉、ジャガイモとオニオンである。北アイルランドでは、コーニッシュパイと同じようなパイをパスティー(Pastie)と呼ぶ。

ミートパイは、世界の各国で作られており、例えば、南米ではエンパナダス(Empanadas)、キプロス島ではボーレキアス(Bourekias)、ポーランドではピエロギズ(Pierogiz)と呼ばれる。

ミートパイの歴史 - オーストラリア

イギリスからの流刑因や自由民がオーストラリアに移住した頃からミートパイは、手軽に作れることから良く食べられた。この頃、ミートパイの具は、牛肉や野菜より安いマットン(羊肉)であった。1,800年代の中頃から現在のような黄金色のミートパイがパブのカウンターランチとして売られ始めた。

その後、人が多く集まる場所にミートパイの屋台が出るようになり、屋台の炭火ストーブで暖めたミートパイが売られた。屋台が馬に引かれた馬車、そして自動車に変わった。当時、ミートパイを売る人をパイマン「Pie Man」と呼んだ。パイマンは、スポーツ競技場を訪れる観客に大変人気があった。この頃のパイショップでは、店の奥で手作りしたミートパイを販売した。

1,960年代に工場でミートパイの大量生産が始まった。ミートパイは、伝統的に牛肉のミンチが主流であるが、現在では、多文化の影響もあり、ビーフストロガノフ、チキン、焼き野菜などと具の種類も豊富になっている。

ミートパイは、オーストラリアの伝統的なファーストフードを代表する一つでもあり、職場では、ミートパイを温めるパイウォーマー(pie warmer)が不可欠になっている。

ミートパイのレシピ

一言でいうと、牛肉の挽き肉をシチューしたパイである。レシピ(英文)は、その国のミートパイにもよるがオーストラリアのミートパイのレシピを紹介します。更に、この動画(英語版)を見ると貴方でもオーストラリアの伝統的なミートパイを簡単に作れます。オーストラリア風のミートパイを貴方の家庭でも満喫できます。

ミートパイ レシピ 動画





オージー英語とミートパイ

A bloody pie eater

オージー英語に「A bloody pie eater」というフレーズがある。この意味を良く理解しないで使うと口論になったり、殴り合いになる場合もあるので説明する。イギリスの中世期の頃は、階級意識が強く、鹿狩りで捕った鹿の柔らかい肉を食べるのは一家の主人、長男とその友達だけであり、妻や他の子供達は、肉以外の舌、肝臓、肝臓肉などアンブル「Umble、臓物」と呼ばれるものでアンブルパイ「Umble Pie」を作って食べた。この習慣は消えてしまったが、いつのまにかアンブルパイがハンブルパイ「Humble Pie、質素なパイ」に代わり、現在に至っている。意味するところは、階級社会では一番下の階級の人達が食べるものである。今ではオーストラリアを象徴するタッカ−の一つであるミートパイにもこんな歴史がある。 従って、「You are a bloody pie eater.」は、「お前は最低な奴だ」意味する。「You are a f**king, bloody pie eater.」は、最悪の場合を意味し、「この下衆野郎め」となる。

友達がミートパイを食べて衣類をベトベトにしたときにニコニコと笑顔で「A bloody pie eater !!!」と突っ込みを入れる以外はあまり使わない方が無難である。このとき、友達に対しても決して顔をしかめて言わないことが最低限のマナーであることを憶えておきましょう。

Eat humble pie

他方、同様に、王侯が鹿狩りを行なったとき、王侯が上席で鹿肉の上等の部分を食べ、猟師や従者は末席で臓物のハンブルパイ「Humble Pie」を食べたことに由来する「eat humble pie」というフレーズは、「屈辱感を味わう、恥をしのぶ、恐縮する」などを意味する。

オーストラリアの食べ物


オーストラリア 食べ物
オーストラリア 朝食
オーストラリア 昼食(ランチ)
オーストラリア 夕食(デナー)
オーストラリア ファーストフード
オーストラリア スイーツ
オーストラリア 菓子
オーストラリア ミートパイ
オーストラリア ベジマイト
オーストラリア ダンパー
オーストラリア ビリー・ティー

オーストラリアの先住民であるアボリジニの食べ物について

オーストラリア ブッシュ・ブレッド
オーストラリア ウィチェッティグラブ
オーストラリア ハニー・アンツ

などでオーストラリアの食べ物情報を写真で掲載。


オーストラリア

オーストラリアについて
オーストラリアの基本情報
オーストラリアの旅行について
オーストラリアの観光地について
オーストラリア 首都
オーストラリアの都市について

州と特別地域地域

クイーンズランド州 - QLD
ニューサウスウェールズ州 - NSW
オーストラリア首都特別地域 - ACT
ビクトリア州 - VIC
タスマニア州 - TAS
北部準州 - ノーザンテリトリー、NT
南オーストラリア州 - SA
西オーストラリア州 - WA
その他特別地域 - Territories

主要な都市と観光地

ケアンズ
グレートバリアリーフ
サンシャインコースト
ブリスベン
ゴールドコースト
シドニー
キャンベラ
メルボルン
ホバート
ダーウイン
エアーズロック(ウルル)
オルガ渓谷・カタジュ
アデレ−ド
パース
■ ・・・主要な都市と観光地の続きは、サイトマップを参照。

カテゴリ

ホテル・観光・交通
グルメ・飲食・食品
ショッピング
スポーツ・レジャー
ナイトライフ
ギャンブル
趣味
アート・音楽
自転車・バイク・自動車
医療・健康・介護
テレビ・映画・演劇
出版・雑誌・新聞
生活・暮らし・移住
不動産・賃貸住宅
教育・学校・留学
学問・研究
金融・保険・投資
政治・経済・法律
製造業・流通・環境
生産業
ビジネス支援
インターネット
女性向情報
求人・求職
日豪企業
連邦政府・州政府・各種団体
ライブ・カメラ
個人HP

トピックス

オーストラリア 地図
オーストラリア ビザ
オーストラリア 旅行
オーストラリア 留学
オーストラリア ワーキングホリデー
オーストラリア ドル
オーストラリア 時差
オーストラリア 天気・気候
オーストラリア 紫外線
オーストラリア 土産
オーストラリア 物品・サービス税(GST、消費税)
オーストラリア 物価
オーストラリア 持ち物チェックリスト
オーストラリア 衣食住
オーストラリア 服装
オーストラリア 食べ物
オーストラリア ミート・パイ
オーストラリア ベジマイト
オーストラリア ワイン
オーストラリア ビール
オーストラリア 禁煙
オーストラリア マナー
オーストラリア サーフィン
オーストラリア ダイビング
オーストラリア 歴史
オーストラリア 先住民
オーストラリア オージー
オーストラリア 語源と意味
オーストラリア 英語
オーストラリア コマーシャル(CM)
オーストラリア 動画
オーストラリア 地図 航空写真
在日オーストラリア大使館 地図
在オーストラリア日本国大使館 地図
オーストラリア 空港
オーストラリア 島
オーストラリア 世界遺産
オーストラリア 資源開発
■ ・・・トピックスの続きは、サイトマップを参照。

オーストラリアの書籍

オーストラリアの書籍

オーストラリア」は、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、ノーザンテリトリー、南オーストラリア州と西オーストラリア州を対象とする総合情報デレクトリ型検索エンジンです。ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバート、キャンベラ、ダーウィンなどオーストラリアの都市、また、ケアンズ、グレートバリアリーフ、サンシャインコースト、ブリスベン、ゴールドコースト、エアーズロックなどオーストラリアの観光地のホテル、旅行、観光、交通、地図、グルメ、不動産、求人、留学、ワーキングホリデー、ショッピングとナイトライフなどの情報を検索できます。

オーストラリア関連のウエブサイトの登録申請は、新規登録からできます。自薦・他薦を歓迎します。相互リンクを頂ければ嬉しいです。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・複製等は固く禁止されています。
Copyright(C) 2005 Searchworldwide, Inc. All rights reserved.

オーストラリア
[詳細検索]