オーストラリア マナー

オーストラリア マナー」情報では、オーストラリアを旅行中や滞在中に気になる服装、チップス、レストラン、ショッピング、行列の並び方、プレゼント、喫煙などについてのオージーマナーを管理人の体験に基づいて書き留めた。

■ オーストラリア マナー

オーストラリアは、ニュージーランドと共にアジアの南端(オセアニア)に位置する欧米型の国家である。マナーの基本は、「Thank you、ありがとう」、「Please、どうぞ、お願いします」、「Pardon、失礼」と「Excuse me、失礼ですが」である。「Sorry、御免なさい」もあるが、自分の非を認める意味もあるので本当に謝意を伝えるとき以外は、「Pardon」で十分である。欧米型のマナーが気になる方にオーストラリアでのオージーマナーについて概要を紹介する。

服装

街歩きの場合は、着慣れたカジュアルな服装と履き慣れたシューズで十分である。ただ、ホテルのメインダイニングルーム、街の高級レストランや観劇に行くときは、男性はネクタイにジャケット、女性はワンピース、スーツなどのフォーマルなドレスが要求されるので準備しておく。一般のレストランは、ランチタイムの時間帯にあまりうるさくないが、デナー(夕食)の時間帯には、タンクトップに短パン、ビーチサンダルなどの軽装を避けるのがマナーである。靴は、歩きやすいスニーカーかウォーキングシューズをおすすめする。高級レストランや観劇に行く予定があれば軽めの革靴かローファーを用意する。

カジノへは普段着で出かけることを避けたい。オーストラリアのカジノでは「スマートカジュアル」が基本。男性なら襟付きのシャツ(ポロシャツ)などに長ズボン(チノパン)など、女性はワンピースなどでOK。Tシャツや短パン、ビーチサンダル、運動靴は不可。クラブなどでもあまりラフな服装では入店を断られる。

ホテルでは、自分の部屋から一歩外に出れば公共の場である。バスローブやスリッパ、或いはパジャマ姿でホテル内をウロウロするのはマナー違反である。ホテルのプールへ行くのに部屋から水着姿や裸足で出ていくのもマナー違反になるので必ずバスローブや上着を羽織り、サンダルを履くこと。部屋のベランダも外から見えるという意味では公共の場になる。「オーストラリア 服装」や「オーストラリア 物価」も参照のこと。

レストラン

レストランでは、空席があっても勝手に着席しないで店員が案内する席に座る。この時、希望する席を伝えることは構わない。料理を注文(オーダー)するときは、最後に「Please(お願いします)」を忘れない。店員を大声で呼びつけたり、食事中に大声で話すことや皿を持って食べることは、マナー違反になる。ナイフやフォークなどの食器を床に落としたときは、ウエイターに拾って貰う。

注文(オーダー)の順序は、先ず食前酒やビールなどの飲み物を頼み、次に前菜、スープとメインディッシュの料理をセットで頼み、料理を食べ終わったときにデザートやコーヒーなどを改めて注文する。高級レストランでフルコースを頼むと食事に要する時間が2時間以上にも及ぶこともあるがレストランのサービスが悪いわけではない。ウエイターに料理を早く持って来いと文句を言うのはマナー違反。お腹が空いていないときや急いでいるときは、飲み物とメインディッシュだけを注文してもマナー違反にならない。オーストラリアの料理については、「オーストラリア 食べ物」を参照のこと。

支払いは、担当のウエイターを呼び、テーブルで支払う。サービスが良かったレストランや高級レストランでは、チップを忘れないで払う。

評判が良く、人気の高い高級レストランは、予約が必要になるので早めにする。レストランの選び方は、現地の人達で込んでいるところがサービスも良く値段も手頃であり、一つの選ぶ目安になる。

喫煙者は、屋外にテーブルがあるかどうか聞いてみる。屋外では、屋根の下は禁煙、それ以外のテーブルは喫煙が可能なレストランもある。禁煙情報については、「オーストラリア 禁煙」を参照。

ホテルの朝食

ホテルの朝食は、スモーガスボード式(日本ではバイキング式と呼ばれる食べ放題)が一般的である。その場で食べることが基本であり、昼食のためにパン、ビスケット、チーズやフルーツなどをレストランから持ち出すことはマナー違反になる。バナナやリンゴは、1個位の持ち出しを大目に見てくれるが、その場合でも係りの人に一言声を掛けてから貰うようにしよう。註、リゾートホテルのランチもスモーガスボード式が多い。昼食でもマナーを守ろう。

ルームサービスで朝食を食べる場合は、食べ終えた後に食器トレーを部屋のドアの外の通路壁側に出すことがマナーである。

チップ

オーストラリアでは、原則的にチップは不要である。但し、ホテルのポーターに荷物を運んで貰ったときは、2ドル程度であるが、荷物が重かったり数が多かったときは少々増やすのが一般的であり、「Thank you」と一言言いながらチップを手渡しする。ホテルのポーターが不在でタクシーの運転手がレセプション(フロント)まで荷物を運んだときも同様である。高級レストランでは、会計のときにチップを10〜15 %程度を渡すのが一般的であるが、サービス料込みやサービスが悪いときには、チップを渡す必要がない。

ホテルの部屋の枕銭やタクシーの運転手への心付けは、状況にもよるが1ドル前後である。部屋のクリーニングレディ−によっては、枕銭を受け取らないでデスクの上に置いてあることも。

ショッピング

ショッピングで入店するときは、「Hi(こんにちわ」と声を掛けながら入り、出るときは、「Thank you(ありがとう)、或いは、Bye(じゃーね)」と一言言うのがマナー。品物を見るだけなら「Just looking(見るだけ)」と店員に応える。衣服や靴のサイズは、大きめであり、日本の表示と異なる。「オーストラリア 服装」や「オーストラリア 土産」も参照のこと。

横断歩道

歩行者用信号のボタンを押して青色になったら渡る。青色の点滅時間が結構短い。信号を無視して渡ることは、車のスピードが速いの危険である。車道の横断(J ウォーキング)は、マナー違反というより危険である。

行列の並び方

銀行、郵便局、バス停、タクシー乗り場、ファーストフード、テークアウエイショップ(持ち帰り)で込んでいるときは、先着順に列を作って並ぶこと。割り込み者に対してはブーイングで注意される。トイレが込んでいるときは、男の場合、便器を使用している人の後ろではなく、トイレの入口に列を作って並ぶことが普通である。銀行では、窓口が空いていても「Next please」と声を掛けるまで待つことがマナーである。

博物館・美術館

博物館や美術館は、セキュリテー上の理由でバッグ類の持ち込みが禁止されているところがあるので事前に確認するか、クロークに貴重品を除いて一時預ける。館内でカメラで写真を撮ることが可能でもフラッシュを使用しない。無料で入館できるところに「Donation(寄付)」の案内があったら1〜2ドル位は寄付しよう。

教会

観光名所の一つに教会巡りもあるが、教会は神聖な所であり、見学中に大声で話すことは、マナー違反になる。

タクシー

オーストラリアでは、タクシーをキャブ(Cab)と呼び、運転手は、キャビー(Cabbie)として知られる。キャブのドアは、日本のタクシーと異なり、自動でないので乗客が開け閉めを行なう。男性が1人で乗るときは、助手席に座るのが普通であるが、若い女性の場合、オージーガールでも後部席に乗る方が多い。2人以上の場合は、男女問わず後部席に乗る。助手席に座ると陽気なオージーの運転手と雑談を交わすことになる。シートベルトは、前後席とも着用する。交通警察がシートベルトの無着用を見つけると乗客と運転手の両方に罰金を課す。

料金の支払いは、メーター料金であり、お釣りもキッチリくれし、つり銭の小銭がないときはまけてくれることもある。基本的にチップは、不要となっているが、オージーには、お釣りをいらないとか10 %程度のチップを渡す人もいる。相乗りに同意しても料金は、安くならない。大きな荷物をブーツ(トランク)に積むときは、距離にもよるが1個当たり1〜2ドルの追加料金を払うのが一般的である。

動物との接し方

野生のイルカには手で触らない。夜にフェアリーペンギンの写真をフラッシュで取らない。コアラやカンガルーの爪が鋭いので動物と接するときはガイドやスタッフの指示に従う。

挨拶

陽気でフレンドリーなオージーは、知らない人にも「Hi」、「Good day, mate !」、「How are you ?」と気軽に声を掛けてくる。同じように応え、気が向かないときは、そのまま立ち去ってもマナー違反にならない。

ビーチの旗

ビーチに立っている旗の色は、緑が遊泳可、赤が遊泳不可、黄色が危険を意味し、赤と黄のツートンカラーの旗の間が安全遊泳区域である。安全遊泳区域以外では、ライフセーバーの監視区域以外になるので遊泳しない。

ホームパーテー

滞在中、オージーの自宅のデナーやバーベキュウに招待されたときは、ワインと奥様にフラワーかチョコレート(箱入り)を手土産に持参するのが一般的である。食事中は、料理が美味しいと少なくとも3回は言うことを忘れない。料理を誉めないと旦那が「ワイフの料理は美味いだろう。」と同意を求めてくる。嫌いな食べ物がある場合、事前にホストに連絡しておくことがマナーである。

勿論、食事中は、禁煙であり、熱いスープやパスタ類などを音を立てて飲んだり、食べることは、教養のない人とみなされる。招待された時間より10分位遅れていくのが普通であり、招待された時間前に訪れることはマナー違反になる。

服装は、普段着慣れたカジュアル、あるいはスマートカジュアル、招待状がきたときは、少しドレスアップすることになる。

飲酒

日本では、酒に酔うことに対して寛大であるが、オーストラリアを含めた欧米諸国では、教養や知性もない人達がすることである。「I am drunk」は、酒に飲まれること、「I like drinking」は、アル中を意味する。酒をたしなむことは、「I enjoy a few glass of beer(wine)」であり、飲んでご機嫌のときは、「I am merry」、或いは「I am too merry」である。オージーにも酔っ払いがいないわけではないが、それにはそれ相当の理由があり、トラブルを抱えている場合が多い。

喫煙

空港、ホテル、レストランなどの公共施設、機内や車内、ビル内や人が多く集まる場所は、禁煙になっている。これらの禁煙場所での喫煙と吸殻のポイ捨ては、パトロール中の警察に見つかれば200ドルの罰金(州によって異なる)の対象になる。日本から携帯灰皿を持っていくと重宝すること間違いがない。歩きタバコは、マナー違反になる。。禁煙情報については、「オーストラリア 禁煙」を参照。

浴室・浴槽

浴槽(バスタブ)に浸かり、浴槽内で体を洗う。シャワーを浴びるときは、カーテンを浴槽の内側に入れてから閉め、水で浴室の床が濡れないようにする。体は、浴槽の傍に予め敷いたバスマット(長四角の厚めのタオル)の上で拭く。オーストラリアを含む欧米では、日本のように浴室の床で体を洗う習慣がないので床に排水溝がないことが多い。モーテルや一般の安ホテルには、浴室に浴槽がなく、殆どの場合、シャワールームだけである。

便器・ビデ

高級ホテルやリゾートホテルの部屋の浴室には、便器とビデがあることもある。便器にはフタがあり、ビデにはフタがなく、水とお湯の蛇口がついている。ビデは、女性専用の局部洗浄器であり、大便・小便で使用することは厳禁である。

節水

オーストラリアの東海岸以外の地域は、慢性的に水が不足する乾燥地帯である。オーストラリアでは、水は貴重品である。旱魃の年には、オーストラリア全土で給水制限が行なわれ、庭の芝生への散水もパトロール隊がチェックする。勿論、洗車もナンバープレートとバックミラーを除いて禁止になる。下水のリサイクルを真剣に検討している程である。シャワーを浴びるときに「湯水の如く」使わないように心がけることが旅行者のマナーである。オージーのシャワー時間は、概ね5分以内であり、カラスの行水である。

エスカレーター

エスカレーターは、左側に乗り、右側は歩く(昇り降り)人に空けておく。エスカレータに二人並んで乗ることは、マナー違反になり、後ろのオージーから「Excuse me、失礼ですが」と声をかけられる。

ゴルフ

オーストラリアのゴルフ場では、基本的にキャディーがいないのでプルバギー(Pull buggy、手引きバギー)か電動カート(リゾートコース以外にはない)がある場合、プレーヤーが運転する。プレーの順番は、抽選棒がないのでティーを投げ上げて落ちたときの向きで順番を決める。スタート地点の砂バケツ(缶)を持ってデボットを修復し、バンカー処理もプレーヤーが行なう。コース途中に茶屋がないので飲み物は、プロショップ(Pro shop)で買い、そこでトイレも済ませる。プレーは、9ホール・食事・9ホールではなく、18ホールストレートである。リゾートゴルフ場のクラブハウスで食事をするとき、或いはビールを飲むときは、帽子やサンバイザーをとることがマナーである。尚、ゴルフ場の距離は、ヤード表示ではなくメーター表示である。

サーフィン

ローカルサーファー(地元のオージーサーファー)を優先させることがマナーである。日本人サーファー(ビジター)の波の前乗りやスネ−キングなどが目立ち、オージーサーファーの間でマナーの悪さが囁かれている。マナーを注意しないと波乗りスポットから日本人サーファーが締め出されることになるかも。

くしゃみ

くしゃみをしたときは、「Pardon」、或いは「Excuse me」とか一言いうのマナーである。全く知らないオージーでも「Bless you]と言ってくれるので「Thank you」と応えることがマナーである。

ゴミ

ゴミは、宿泊先に持ち帰るか常設のゴミ箱に捨てる。


オーストラリア

オーストラリアについて
オーストラリアの基本情報
オーストラリアの旅行について
オーストラリアの観光地について
オーストラリア 首都
オーストラリアの都市について

州と特別地域地域

クイーンズランド州 - QLD
ニューサウスウェールズ州 - NSW
オーストラリア首都特別地域 - ACT
ビクトリア州 - VIC
タスマニア州 - TAS
北部準州 - ノーザンテリトリー、NT
南オーストラリア州 - SA
西オーストラリア州 - WA
その他特別地域 - Territories

主要な都市と観光地

ケアンズ
グレートバリアリーフ
サンシャインコースト
ブリスベン
ゴールドコースト
シドニー
キャンベラ
メルボルン
ホバート
ダーウイン
エアーズロック(ウルル)
オルガ渓谷・カタジュ
アデレ−ド
パース
■ ・・・主要な都市と観光地の続きは、サイトマップを参照。

カテゴリ

ホテル・観光・交通
グルメ・飲食・食品
ショッピング
スポーツ・レジャー
ナイトライフ
ギャンブル
趣味
アート・音楽
自転車・バイク・自動車
医療・健康・介護
テレビ・映画・演劇
出版・雑誌・新聞
生活・暮らし・移住
不動産・賃貸住宅
教育・学校・留学
学問・研究
金融・保険・投資
政治・経済・法律
製造業・流通・環境
生産業
ビジネス支援
インターネット
女性向情報
求人・求職
日豪企業
連邦政府・州政府・各種団体
ライブ・カメラ
個人HP

トピックス

オーストラリア 地図
オーストラリア ビザ
オーストラリア 旅行
オーストラリア 留学
オーストラリア ワーキングホリデー
オーストラリア ドル
オーストラリア 時差
オーストラリア 天気・気候
オーストラリア 紫外線
オーストラリア 土産
オーストラリア 物品・サービス税(GST、消費税)
オーストラリア 物価
オーストラリア 持ち物チェックリスト
オーストラリア 衣食住
オーストラリア 服装
オーストラリア 食べ物
オーストラリア ミート・パイ
オーストラリア ベジマイト
オーストラリア ワイン
オーストラリア ビール
オーストラリア 禁煙
オーストラリア マナー
オーストラリア サーフィン
オーストラリア ダイビング
オーストラリア 歴史
オーストラリア 先住民
オーストラリア オージー
オーストラリア 語源と意味
オーストラリア 英語
オーストラリア コマーシャル(CM)
オーストラリア 動画
オーストラリア 地図 航空写真
在日オーストラリア大使館 地図
在オーストラリア日本国大使館 地図
オーストラリア 空港
オーストラリア 島
オーストラリア 世界遺産
オーストラリア 資源開発
■ ・・・トピックスの続きは、サイトマップを参照。

オーストラリアの書籍

オーストラリアの書籍

オーストラリア」は、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、ノーザンテリトリー、南オーストラリア州と西オーストラリア州を対象とする総合情報デレクトリ型検索エンジンです。ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバート、キャンベラ、ダーウィンなどオーストラリアの都市、また、ケアンズ、グレートバリアリーフ、サンシャインコースト、ブリスベン、ゴールドコースト、エアーズロックなどオーストラリアの観光地のホテル、旅行、観光、交通、地図、グルメ、不動産、求人、留学、ワーキングホリデー、ショッピングとナイトライフなどの情報を検索できます。

オーストラリア関連のウエブサイトの登録申請は、新規登録からできます。自薦・他薦を歓迎します。相互リンクを頂ければ嬉しいです。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・複製等は固く禁止されています。
Copyright(C) 2005 Searchworldwide, Inc. All rights reserved.

オーストラリア
[詳細検索]