オーストラリアの観光地

オーストラリア観光地のガイド

オーストラリア」は、オーストラリア連邦のクイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、オーストラリア首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、ノーザンテリトリー(北部準州)、南オーストラリア州と西オーストラリア州を対象とする豪州総合情報の検索エンジン(リンク集、検索サイト、サーチエンジン)です。観光地とエリアのガイドです。

オーストラリアの観光地について

観光地として世界的に人気の高いオーストラリア東海岸のケアンズ、グレートバリアリーフ、サンシャインコースト、ゴールドコーストとオーストラリア中央のエアーズロック(ウルル)地域について紹介します。

オーストラリアの国立公園

ウルル・カタジュタ(エアーズロック・オルガ岩郡)国立公園

ウルル「エアーズロック」(Uluru 「Ayers Rock」)は、オーストラリア大陸のほぼ真中に当たるノーザンテリトリ(北部準州)南西部にあり、ダーウィンの南約1,900km、アリススプリングズの南西約340 kmに位置する世界最大級の単一の岩石(モノリス)である。地殻変動と浸食によって先カンブリ時代の6〜7億年前に形成されたもと考えられ、「地球のヘソ」とも呼ばれオーストラリアのシンボル、海抜867 mで地表から348 m、その周囲はおよそ9.4 kmである。ウルルとはアボリジニの言葉で「偉大な石」を意味し、ふもとには多くの洞窟があり、内部にはアボリジニの描いた壁画が残るアボリジニの聖地である。杭を打って鎖を張った登山路が設置されており、山頂まで登ることもできる。登頂に要する時間は往復で約1時間半〜2時間である。雨の後や風が強い日、アボリジニの儀式の時は登山禁止となる。陽の当たり方で色が変わって見え、朝陽と夕陽による鮮やかな赤色は特に美しい。

先住民アボリジニの土地所有権の法廷闘争によりエアーズロックとエアーズロック国立公園の所有権は1985年にアボリジニ(Pitjantjatjara and Yankunytjatjara部族を含む Mutijulu Aboriginal community)に返還された。1993年にエアーズロックの名称は「ウルル」となり、公園の管理に係わる決定にはアボリジニも参加するようになった。この地域の多くの部分はアボリジナルの聖地であり、現在もピチャンチャチャーラ(Pitjantjatjara)の伝説にまつわる地域は公開されておらず、観光客の立ち入りも禁止されている。旅行者用の施設は1983年から1984年にかけてエアーズ・ロックから20 km離れたリゾートのユラーラ(Yulara)に移された。

カタジュタ「オルガ岩郡」(Kata Tjuta「Mount Olga」は、単一の岩石(モノリス)のウルル(エアーズロック)の西約30 kmに位置し、大小36もの岩石(コングロマリット)が集まり、見る場所を変えるといろいろな奇景を見ることが出来る奇岩・奇景が有名である。観光スポットは「ワルパ渓谷(オルガ渓谷)」と「風の谷」。ワルパ渓谷は、海抜1,069 m (地表から546 m)とスケールも大きい。片道2 kmのウオ−キングトレイルもあり、往復約1時間である。カタジュタとはアボリジニの言葉で「多くの頭」を意味する。カタジュタは、ウルル(エアーズロック)などとともに頻繁にアボリジニの神話に登場する場所である。それによれば、この山の頂上にはワナンビと呼ばれる蛇が頂上に住んでいて、乾期にのみ下山するという。奇岩群には、宮崎駿監督作品『風の谷のナウシカ』に登場する王蟲のモデルと推測される一つがあり、それを裏付けるように、近くには「風の谷」と呼ばれる場所も存在する。

ウルル・カタジュタ(エアーズロック・オルガ岩郡)国立公園は、1987年にアボリジニの文化遺産と壮大な景観の自然遺産を併せてユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された。「ウルル-カタジュタ 地図 航空写真

グレートバリアリーフ (Great Barrier Reef)海洋国立公園

グレートバリアリーフ (Great Barrier Reef) は、オーストラリア大陸の北東、クイーンズランド州の中北部海岸沖合の大陸棚に発達した世界最大のサンゴ礁である。南北2,000 kmに及び大小700あまりの島々を囲むようにサンゴ礁が連なる。グレートバリアリーフの浅瀬は約35万haである。生態系も多様で約400種のサンゴ、約1,500種の魚、約4,000種の貝、約240種の鳥が生息する。多くの場所はオーストラリアの国立海洋公園に指定され、保護されている。1981年にはユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。日本名は大堡礁(だいほしょう)。20あまりの島がリゾートとして開発され、ケアンズ拠点としてハミルトン島、ヘイマン島、グリーン島やフィッツロイ島へ日帰りでクルージング、島の散策もできるが一泊すると美しいサンゴ礁の海を満喫できる。グレートバリアリーフでも隋一の景勝を誇るのがウイットサンデー諸島(Whitsunday Group)であり、グレートバリアリーフを代表する豪華なリゾートアイランドが開発されている。リゾートアイランドとしては,デイドリーム島、ハミルトン島、リンデンマン島、ヘイマン島、サウスモール島、ロング島などが世界的に有名である。これらのウイットサンデー諸島へのフェリーやクルーズはアーリービーチ(Airlie Beach)から約8 kmのシュートハーバー(Shute Harbour)が発着になっている。グレートバリアリーフの島々は、リゾート、クルージング、ダイビングなどで人気がある観光スポットである。ダイビングするときは毒のある蛸(タコ)がいるので注意を要する。春の満月の後にサンゴの放つ精液で白濁する海を体験するため世界中のダイバーがその一瞬を待つ。

サンゴ礁をつくるタイプのサンゴは、体内に褐虫藻と呼ばれる光合成をする藻類を共生させている。昼間は褐虫藻が光合成を行い、夜はプランクトンを捕食して生きている。光合成をするためにサンゴは浅くて温暖で透明度の高い海に生存する。これが熱帯から亜熱帯のきれいな浅い海にサンゴ礁が発達する理由である。グレートバリアリーフは、大陸棚の上に約200万年前からの石灰岩が200 m以上の厚みで堆積しているその頂部では、いまも生きているサンゴ礁が石灰岩を形成している。このようにサンゴ礁は成長を続け、様々な魚や他の海の生物の住家になっている。二酸化炭素除去の役割を果たすのは、森林だけでなく、サンゴ礁の保全と育成も二酸化炭素の固定に役立つことが判明している。しかし、地球の温暖化により、海面温度の上昇でグレートバリアリーフの「サンゴの白化現象」がここ数十年で最悪の事態になっている。「サンゴの白化現象」とは、ストレスを受けたサンゴが白色に変化、あるいは漂白状態になり、個々のサンゴを弱らせ、広範囲に広がるサンゴ礁群を死滅させてしまうことである。サンゴにとって最適な海面温度は、28度前後であり、水温が2〜3度上回っただけでも、サンゴは共生藻を吐き出し、漂白死してしまう。グレートバリアにおける「サンゴの白化現象」は、クイーンズランド州の南はブンダバーグから北はクックタウンまで、1,000 kmにおよぶ範囲に広がっており、場所によっては、80 %ものサンゴが白化現象をおこしている状態にある。1998年には1度以下の海面温度の上昇が世界の16 %のサンゴ礁を死滅させた。今世紀での海面温度の上昇は2度〜6度の間と見積もられていることが正しいなら、今世紀中頃までには、最良の場合でもグレートバリアリーフのサンゴ礁は現状の5 %以下しか残らないと推定されている。自然世界の七不思議のひとつともいわれ、世界遺産にも登録されているグレートバリアリーフの損傷は、単にオーストラリアだけの問題ではない。

グレートバリアリーフの島(リゾートアイランド)の地図と航空写真は、「オーストラリア 島」から、また、グレートバリアリーフの諸島は、「オーストラリア トロピカル諸島」、「オーストラリア ウイットサンデー諸島」と「オーストラリア サザンリーフ諸島」から閲覧できます。

グレートバリアリーフの地図と航空写真は、ケアンズを起点とするときは「ケアンズ 地図 航空写真」、アーリー・ビーチとシュート・ハーバーを起点とするときは「グレートバリアリーフ 地図 航空写真」、ロックハンプトンに近いヤプーンを起点とするとき「ヤプーン 地図 航空写真」はから閲覧できます。

ブルーマウンテンズ (Blue Mountains)国立公園

ブルーマウンテンズ(Blue Mountains)は、世界自然遺産に指定されたニューサウスウェールズ州の「グレーター・ブルーマウンテンズ地域」にあり、シドニーの西約100 kmに位置し、標高約1,500 mの山並みが続く。ブルーマウンテンズの展望地、エコーポイントから壮大なジャミソンバレーと奇岩スリーシスターズが眺められる。シドニーからの日帰りツアー先として人気が高く、ロープウエイ、世界一の傾斜を誇るトロッコ列車などの観光施設も整備されている。ブッシュウオ−キングも楽しめる。ブルーマウンテンズは、ビクトリア州からクイーンズランド州まで東海岸と内陸を隔てるグレート・デバイデング・レンジ「大分水嶺山脈」の一部であり、峡谷や滝など景色に富んでいる。「ブルーマウンテンズ 地図 航空写真

オーストラリアの観光地

ゴールドコースト

ゴールドコースト( Gold Coast )は、クイーンズランド州東南部、州都ブリスベンの南70kmに位置するオーストラリア最大の観光保養地として世界的に有名である。亜熱帯性気候でサーフィンの適地でもあり、国内及び海外の観光客や保養客が訪れる。「ゴールドコースト」という名前は、1959年に地域の再編で「シティ・オヴ・ゴールドコースト」ができる際に観光客を誘致するため命名されたもので、それ以前は「サウス・コースト」として知られていた。現在では人口40万、オーストラリアで7番目の都市となっている。42 kmに及ぶ素晴らしい砂浜が続くゴールドコーストの中心はサーファーズパラダイスでここを南北にマリンアクティビテイやテーマパークなどの遊べる所が延びている。サーファーズパラダイスの中心はカビルモール(歩行者天国)でブランド店も多く並び夜遅くまで賑っている。ゴールドコーストを訪れたら先ずは南太平洋の白波が打ち寄せ、踏みしめるとキュッと音がする砂浜を歩こう。ビーチに沿って高層のホテルやコンドミニアムが建ち並ぶ。「ドリームワールド」「シーワールド」と「ムービーワールド」の3大テーマパークは見逃せない。パラセイリング、ジェットスキー、スピードボートなどのマリンアクティビテイ、サーフィングやダイビングなどのマリンスポーツ、モートン島やサウス・ストラドブロ島への日帰りツアー、クルージング、熱気球フライト、ドルフィンツアーやホエールウオッチングツアー、ゴルフ、釣り、などなど。ゴールドコーストは、世界遺産のラミントン国立公園にも近く、ここでは海のマリンスポーツと山の大自然を満喫できる主要な観光地である。また、高齢者の引退村もあり、日本人の滞在者も多い。ゴールドコースト空港もある。1980年代の末には、オーストラリアで初の私立大学、ボンド大学が開学した。「ゴールドコースト 地図 航空写真

ケアンズ

ケアンズ(Cairns)はオーストラリア大陸北東部、クィーンズランド州のブリスベンの北約1,720 kmに位置し、ヨーク岬半島の付け根付近のトリニティー湾から珊瑚海に面し、クィーンズランド州最北部の中心都市である。ケアンズは、日本からは一番近い北の玄関口。2,000 kmに及ぶ世界最大の珊瑚礁のグレートバリアリーフ海洋国立公園とキュランダ、ケープトリビュレーション、デイントゥリー、アサートン高原などを含む熱帯雨林のクイーンズランド湿潤熱帯地域(ウエットトロピックス)は世界自然遺産に指定されている。パームコーブやポートダグラスはケアンズの北に位置する。ケアンズ拠点としてハミルトン島、ヘイマン島、グリーン島やフィッツロイ島へ日帰りでクルージング、島の散策もできるが一泊すると美しいサンゴ礁の海を満喫できる。グリーン島は、ケアンズ港から一番近いグレートバリアリーフのリゾートアイランドである。「ケアンズ 地図 航空写真

サンシャインコースト

サンシャインコースト(Sunshine Coast)、太陽の光が輝く海岸は、クィーンズランド州南東部、州都のブリスベンの北約110 kmに位置する。サンシャインコーストの北端のヌーサ(Noosa)からより南端のカランドラ(Caloundra)までの56 kmに及ぶ沿岸地帯である。ここにはサーフィンのメッカと知られるマルチドールと呼ばれる町がある。ヌーサの北のハービーベイからフェリーで約90分の所にある世界最大の砂の島のフレーザー島は世界遺産に登録されている。サンシャインコーストは、ゴールドコーストに次ぐ観光地として命名されたがオーストラリアの年金生活者が多く移り住むリゾート地として有名である。サンシャインコーストへはブリスベンから自動車(ブルースハイウエイ)、鉄道、バスで行ける。「サンシャインコースト 地図 航空写真

オーストラリアの世界遺産

広大なオーストラリア大陸には、数多くの世界的にも貴重な自然が残っている。現在、4つの世界複合遺産と11の世界自然遺産、1つの世界文化遺産が登録されている。特に、複合遺産と自然遺産は、訪れる観光客に驚きと感動を与える。「オーストラリア 世界遺産

■ サイトマップ オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアについて
オーストラリアの基本情報
オーストラリアの旅行について
オーストラリアの観光地について
オーストラリア 首都
オーストラリアの都市について

州と特別地域地域

クイーンズランド州 - QLD
ニューサウスウェールズ州 - NSW
オーストラリア首都特別地域 - ACT
ビクトリア州 - VIC
タスマニア州 - TAS
北部準州 - ノーザンテリトリー、NT
南オーストラリア州 - SA
西オーストラリア州 - WA
その他特別地域 - Territories

主要な都市と観光地

ケアンズ
グレートバリアリーフ
サンシャインコースト
ブリスベン
ゴールドコースト
シドニー
キャンベラ
メルボルン
ホバート
ダーウイン
エアーズロック(ウルル)
オルガ渓谷・カタジュ
アデレ−ド
パース
■ ・・・主要な都市と観光地の続きは、サイトマップを参照。

カテゴリ

ホテル・観光・交通
グルメ・飲食・食品
ショッピング
スポーツ・レジャー
ナイトライフ
ギャンブル
趣味
アート・音楽
自転車・バイク・自動車
医療・健康・介護
テレビ・映画・演劇
出版・雑誌・新聞
生活・暮らし・移住
不動産・賃貸住宅
教育・学校・留学
学問・研究
金融・保険・投資
政治・経済・法律
製造業・流通・環境
生産業
ビジネス支援
インターネット
女性向情報
求人・求職
日豪企業
連邦政府・州政府・各種団体
ライブ・カメラ
個人HP

トピックス

オーストラリア 地図
オーストラリア ビザ
オーストラリア 旅行
オーストラリア 留学
オーストラリア ワーキングホリデー
オーストラリア ドル
オーストラリア 時差
オーストラリア 天気・気候
オーストラリア 紫外線
オーストラリア 土産
オーストラリア 物品・サービス税(GST、消費税)
オーストラリア 物価
オーストラリア 持ち物チェックリスト
オーストラリア 衣食住
オーストラリア 服装
オーストラリア 食べ物
オーストラリア ミート・パイ
オーストラリア ベジマイト
オーストラリア ワイン
オーストラリア ビール
オーストラリア 禁煙
オーストラリア マナー
オーストラリア サーフィン
オーストラリア ダイビング
オーストラリア 歴史
オーストラリア 先住民
オーストラリア オージー
オーストラリア 語源と意味
オーストラリア 英語
オーストラリア コマーシャル(CM)
オーストラリア 動画
オーストラリア 地図 航空写真
在日オーストラリア大使館 地図
在オーストラリア日本国大使館 地図
オーストラリア 空港
オーストラリア 島
オーストラリア 世界遺産
オーストラリア 資源開発
■ ・・・トピックスの続きは、サイトマップを参照。

オーストラリアの書籍

オーストラリアの書籍

オーストラリア」は、クイーンズランド州、ニューサウスウェールズ州、首都特別地域、ビクトリア州、タスマニア州、ノーザンテリトリー、南オーストラリア州と西オーストラリア州を対象とする総合情報デレクトリ型検索エンジンです。ブリスベン、シドニー、メルボルン、アデレード、パース、ホバート、キャンベラ、ダーウィンなどオーストラリアの都市、また、ケアンズ、グレートバリアリーフ、サンシャインコースト、ブリスベン、ゴールドコースト、エアーズロックなどオーストラリアの観光地のホテル、旅行、観光、交通、地図、グルメ、不動産、求人、留学、ワーキングホリデー、ショッピングとナイトライフなどの情報を検索できます。

オーストラリア関連のウエブサイトの登録申請は、新規登録からできます。自薦・他薦を歓迎します。相互リンクを頂ければ嬉しいです。

当サイトに掲載されている内容の無断転載・複製等は固く禁止されています。
Copyright(C) 2005 Searchworldwide, Inc. All rights reserved.

オーストラリア
[詳細検索]